2011年08月09日

お迎え団子・どさくさ餅・送り団子

お盆について…


お盆とは『盂蘭盆会(うらぼんえ)』を略した言葉です。


8月13日(土)は『迎え盆』と言って、玄関先や門口で送り火を焚き、
ご先祖様の精霊をお家にお迎えします。

そして、『お迎え団子』として、
きなこだんごやあんだんごやみたらしをお供えします。


8月14日(日)は『どさくさ餅』を販売いたします。

お盆の忙しいときに、どさくさに紛れて作るおやつ、それが『どさくさ餅』です。
どさくさって・・・奈良の方言ですね!!
あんつけ餅もちと同じです。

「盆の14日のどさくさ餅はやらな腐るし、やらな惜しし、惜しし、惜ししの小豆餅」
と歌われたほど、昔から美味しい餅と言われてるそうです。

当店のどさくさ餅は、お餅としんこ(上新粉)の2種類ございますので、
ぜひどちらもお試しください。


8月15日(月)は『送り盆』と言って、再び送り火を焚いて帰り道を照らし、
精霊をお送りします。


盆菓子やはくせんこうは完売することもございますので、
お早目にお買い求めください。

※勝手ではございますが、16日17日は臨時休業とさせていただきます。

posted by 菓匠庵おのえ at 11:36| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: